南仏ソレイユのちいさな暮らし

ゆるり手作りと南仏生活奮闘記(*≧m≦*)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫EDIT

風邪を引いてしまいました

おとといの夜からなんだか調子がおかしいかも・・と思っていたら、やっぱり風邪を引いてしまったようです。薬を飲まなかったらしんどいです。
鼻がつまってはたらたら・・と出てくるので常に子豚鼻状態?頭痛と朝方や寝ている時きにのどが痛いのが一番つらい。

今日の内容は重い話なので、疲れている方は読まないでくださいね。


今日はトラのママンに会いに彼女の居る老人介護施設に行ってきました。
彼女はここ一週間くらいずっと気管支炎で体の調子が悪くて殆ど何も食べてなかった状態なのですが、昨日の夕方、不通に近い状態のトラ姉から電話があり、ママンの具合がかなり悪いみたいな話だったので、トラと私はすごく心配していました。

最初に頭に思い浮かんだことは、トラも私も同じ。また去年のパパのようなことになりはしないか・・。て言うこと。
そんな重大時にトラ一人でママンに会いに行くのは、きっと心細いだろうし、私は妻として行かずには居られないでしょう。
熱があったししんどかったけど一緒に行って良かったです。最後は車の中で寝てましたが・・。笑
私もトラも想像していたより元気だったから。
百聞は一見に如かず。
聞いた話との誤差がどれだけあるか自分の目で確かめることは大事だと思いました。

トラは日に3度はママンに電話をするので彼女の状況は日々細かく知っていましたが、一方義姉は普段から電話も殆どしないので、彼女に会いに行ってびっくりしてトラに電話をしてきたのかも知れない。と後になって思いました。

介護施設に着き、彼女の部屋の前辺りまで来たら、彼女は歩いて食事に行くところでした。
心の中で最初に思ったこと「歩けるんやん!」。
たいした事なくてよかった。彼女はトラをみたとたんに泣いていました。
結構こういう時、私は居ても居なくてもいいんだな。と感じます。

トラからは施設の悪いことばかりを聞かされるけど、私が一緒に行って施設のワーカーの人たちと接してみると、いつもいい人達だし、普通の介護施設だと感じます。フランスにしては好印象な方だと感じるのです。

今日の場合もですが、突然私達が「一緒にママンと昼食をとりたい」と言う話をした時も、「もちろん大丈夫ですよ」と言ってくれて、カフェテリアに行くと、すぐシェフがテーブルまで来てくれて、「大丈夫ですよ。普通は事前に予約をしていただくのですが。」と笑顔で対応し、ちゃんと3人分準備をしてくれました。
日々何食分かきちんと計算しないといけないと思うのに、急な私達の食事に快く対応してくれました。

夏に何度かママンに会いに行った時も、おやつの時間に一緒カフェテリアでお茶している時、いつも「笑顔でジュースはどう?お菓子はどう?」ってテーブルを回ってきてくれたり、親切な対応だな。って好感を持っていました。

私が一緒に行って私が感じることをトラに話すと、この施設のポジティブな面を彼も見ていると感じます。私はトラよりもポジティブ思考なのと、ママンの発言とのギャップが多いと思うので
私が行くとトラにとってはいいかも知れません。

悪いことばかりじゃないのに。
ママンもトラもあの場所が最悪だと思っています。
正常じゃない人がたくさん居るから、ママンまでおかしくなってしまう。といつも言ってます。確かにひどい状態の方はたくさんいます。
実際に彼の会社の同僚のお母さんも以前に生活されていて半年か1年くらいで変わってしまったそうです。そのことをいつも言っています。そして心配しています。

色んな方が居るけれど、老人介護施設ってどこもあんな感じだと思います。
私の弟は介護士なのでそういう施設内の話はいっぱい聞いてきました。祖母もお世話になったし、祖父も現在生活しています。

ただ彼女の居る2人部屋なのですが、ルームメイトのマダムはちょっと酷く、むかつくことが多いので部屋を変えてもらいたいとは思いますが。
そういうところの対応は不満に思います。もっときちんと責任者の方と話が出来ないのかな?と思います。

介護士はあまりいい感じではないのかも知れません。でも介護士も人間だからね。。
しかし、一旦部屋から出てカフェテリアの階に行くと雰囲気が変わります。
ママンは自分からなじんで行く性格ではないのと、周りが助ける状態が普通になってしまっていることが彼女を無気力にさせているんじゃないかな。と私は思ったりします。

何十年もかけて作られてしまった習慣。これを今更変えることなど不可能だと思いますが。
食事も横で誰かが細かく食べやすいように切ってあげて尚且つ「食べて食べて!」と囃さないと食べません。前はそれをパパとトラがいつも横でやっていたのです。
それに体が不自由に動けないのに「助けるな」とはなかなか言えるものではありません。
これが自分の親だと言えますが。

食べれるのに食べていないってことだな。と今日行って思いました。
(私は本当にもう食べれない状態にまで悪いのかと思っていましたので)
私たちが一緒だと食べていました。トラがいつものようにお肉を切ってあげて・・。

彼女に話を聞いたら、いつも「食事もいいものはない」とか、「美味しくない」とか、「フルーツなど出ない」とか否定的なことばかりを聞かされていましたが、実際私が食べてみて、下手なレストランで食べるよりよっぽど美味しかったです。サービスも良いし。

私は風邪で昨日も今日の朝食も殆ど食べることが出来なかったので、せっかく用意してもらって食べれるか心配だったけど、私は殆ど食べてしまいました。食べた後も吐き気もなかったです。(昨日の朝は3回吐いてしまったので。)
デザートはオレンジで皮をむいてある状態で運ばれてきました。
ママンには「彼女にはコンポートの方がいいかな?」と思ってと気を利かせてくれたり、ママンが「オレンジのままがいい」と言うと快く持ってきてくれました。

すごく良いじゃないか!って私は思いました。あの状態なら私たちが居ないとしても、普通にレストランで食事をする時くらいのサービスはしてくれていると思います。

彼女は気力がない状態。
食べることに関しても。それが病気の後なので余計にひどい状態。
それから「この施設にに居ること=辛いこと=悲しい」と思い込んでしまっています。

私がトラと知り合ってから家族の中で悲しい、辛い、という場面が本当に多かったです。
そんな時、彼の家族はどんな話し合いをしたのだろうか?

トラは彼女をあの施設から出してあげたいと思っています。実際に彼女の住めるアパートを不動産で探しています。一人で何も出来ない彼女にとって私はあまり良い方法だとは思えないのですが。
何のために老人介護施設があるのか。しかも通常入居までにとても時間がかかるというのに。

彼女一人アパートに住み、食事やトイレ、掃除などを作ってくれるヘルパーを雇ったところで、夜まで一緒に泊まって寝てくれません。またトラが家に寝に帰る生活になるの?そんなことしてたら必ずトラが病気になってしまう。
トラが部屋を探し始めたことを彼女に告げると、今度は彼女はやっぱり夜は一人で眠れないと言い出し、トラは電話で「どうしろっ!て言うんだ!」と切れかけていました。

彼も疲れてしまっています。こんなんで生活がうまくいく筈がない。
私は自分を守るためにも、、いちいち人の同様に自分自身が動かされないようずっしり構え自分自身の考えをしっかりもっておきたい。

きっと彼女はアパートに一人で暮らしても何かしら不満だろう。それを彼に話すだろう。彼はいつものようにかわいそうだと思うだろう。ストレスをいっぱい抱えながらどうにか助けてあげるよう努力をするだろう。このネガティブ思考回路にはきりがない。

私が口を挟むと今度は私と喧嘩になるのがオチなので、私は話を聞いてあげて「ふーん」と流しておくのが一番いい。彼が本当に私の意見を求めた時にだけ的確な答えをあげるのがベストなのだろう。と思う。
他に私はどうすることも出来ないだろうと思う。

すごく食欲が出て、食べたくて食べたくてしょうがなくなる薬もらえないの?とトラに話してみたんですが、そんな薬ないのかな。

| Les jours : 日々のくらし | 20:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当に難しいですね。

生きる希望が少なくなってしまったら、やはり何所へ行って誰に面倒見てもらっても・・・空っぽなのかもしれないですね。
お義母さまはどういう状況で施設に入るようになったのでしょう・・・もし大したことが無かったのに早くに入られたりすると、なかなか一般のアパートで独りでって難しいし大変だと思います。
トラさんのお気持ちも分かりますが、chaviさんのおっしゃることは現実的な話のような気がします・・・

私たちも何れ健康に生きていれば起きて来る老介護問題。
他人事ではないですから、真剣にだけど"大らかに"受け止めたいものです。

| bio | 2008/01/31 16:02 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。

e-60bioさんへ
そうそう、そうなんですよね。
ママンには、何か楽しみとか希望とかもってほしいなっていつも思っていました。
でも今は、まず食べてもらいたい。
って感じで。

彼女にとって希望を持てるような何かを旦那からうまく話してもらったらちょっとは変わるかな・・・。

| chavi | 2008/02/01 16:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chavi.blog106.fc2.com/tb.php/167-4d3a5c0c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。