南仏ソレイユのちいさな暮らし

ゆるり手作りと南仏生活奮闘記(*≧m≦*)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫EDIT

日本に帰国

道中トラブルだらけでやっと帰国しました。
フランス、ニースを発つ時間には十分早く空港に到着し、旦那の働いている空港の会社友達の人などにも挨拶をしたりしてチェックインまで時間を持て余すほどに余裕がたっぷりありました。
今回のフライトはオランダ経由。スキポール空港での乗り換え時間は45分。かなりタイトです。

ニースのチェックインカウンターでチェックインをすると、私の分はKIXまでチケットがでましたが、トラの分は出ないといわれました。
殆どこんなことはないそうですが、ニース空港ではどうにも出来ないといわれ、ストレスいっぱいでオランダまで飛びました。トラの友達の人にカウンターで調べてもらったけどそれでもやっぱり無理でした。

しかも。スキポールの天候が悪いとかでニースからスキポールの便が45分遅れました。
というわけで乗り換え時間なし状態・・・

スキポールに着くと私たちの乗る筈の飛行機は発ってしまいました。
その後スキポールでカウンターで問い合わせに待つこと1時間強。
日本への今日の便はもうないと言われ、足止め?か・・・・
何とか今日の便で韓国経由でKIXまで帰ってきました。

ラゲージがKIXに着いてないのじゃない?とトラが予想したとおり、私が先に入国審査を済ませて下にラゲージを取りに行こうとすると、「ニースからご搭乗の○○様~!」と私たちのことを呼んでいる声。
その瞬間「でた・・やっぱり。」予想通りの展開。
私のラゲージは着いてましたがトラのラゲージがスキポール止まりを食らっていました。
あれだけスキポールのカウンターで間違いのないようにお願いしますと言ったにもかかわらず。

私たちの場合は実家に帰るスケジュールなので、ラゲージを家まで持ち帰る手間は省けたで済みましたが、短期間の旅行だとしたら許せないことです。

KLM、しっかりしてくれ・・・。
私たちは今回初めてKLMを使用したのですが正直期待はずれでした。

ま、無事日本に帰国出来てほっとしました。
残念です。
かなり疲れました。

お母さんが最寄のバス停まで迎えに来てくれて、やっと実家に帰ったのは夜の10時頃でした。
(ちなみにエールフランスでパリ経由で帰国する場合は、最寄のバス停にお昼ごろに着き、ゆっくりとそのあと和食でも食べて家に帰ったり買い物に行ったりしています。)

| Au Japon : 日本滞在記 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chavi.blog106.fc2.com/tb.php/181-ddb2de6b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。