南仏ソレイユのちいさな暮らし

ゆるり手作りと南仏生活奮闘記(*≧m≦*)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫EDIT

四十九日

今日は私の祖父の四十九日です。
祖父は私が日本に帰国中、風邪を引いて体調が悪かったことと足の骨折が発覚し、介護施設から病院に移りました。骨折の方は体調が良かった日に手術をして成功したのですが、その後また体調を崩し、
4月2日の早朝に亡くなりました。
私とトラは3日のお通夜には出ることが出来ましたが、お葬式の日に私たちはフランスに発ちました。

その祖父の四十九日の日。
どの家でもそうですが、葬祭ごとがあると何かしらにつけて色々な問題がみえてくるものです。
今日の四十九日、家族の思い通りにとは行かないけれど、ストレスがこれ以上増えることなく順調に終えることが出来ますように・・・。

仏教って大変。

| Les jours : 日々のくらし | 08:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

chaviさんはご祖父様のお通夜へ、日本へお帰りになったのですね。
日本のご家族の皆様も、さぞお心強かったでしょうね。
私は学校に通う子供たちもすでにいたので、帰ってくるの大変だから、いいから、との言葉に甘えてしまいました。 49日の時にも、母は、フランスのお葬式はシンプルで良いわね、こちらはまだこれから色々大変で。とこぼしていたのを思い出しました。

| まやこ | 2008/05/17 16:49 | URL | ≫ EDIT

▼まやこさんへ
>chaviさんはご祖父様のお通夜へ、日本へお帰りになったのですね。
そうだったのかも知れません。
帰国している間に祖父が亡くなったのですが、本当にこの時期で良かったと思います。
私の家族や親戚もそう言ってくれました。

今日は家に電話して色々様子を聞きましたが、無事スムーズに終えることが出来たようです。
仏教って本当にやることが多いですよね。
まやこさんも四十九日にはおかえりにならなかったのですね。
フランスだと何もないので旦那に説明するのがとても大変です。

| chavi | 2008/05/17 19:42 | URL | ≫ EDIT

ちょうど日本に帰国されている時にお亡くなりなったのは、お祖父様がきっとchaviさんを呼んだんでしょうね。
私にも経験があるので仏教の行事の大変さはよく分かります。
遠い国に暮らしていて、なかなか気軽にそういう行事に参加できないので余計いろんなことが気になると思います・・・。
でも無事に終えることが出来たようで一安心ですね。

改めてお祖父様のご冥福をお祈りします。

| minette | 2008/05/18 18:06 | URL | ≫ EDIT

▼minetteさんへ
ありがとうございます。
仏教もそうですが、日本人の嫌な性質みたいなものが現れる時でもありますよね。
地域的にうちは田舎なので考えがすごく遅れているんです。
うちの家族はそういう考えとは全く違う家族なので変わり者のように言われたりしましたよ。もう、笑けてしまうようなことで。考えられない・・。
数年前に祖母が他界した時には、それはもう、大変でした。
時代に合わせて改善すべくところはしなければいけないと思います。

祖父の時はまだ少し家族の思う通りに出来たこともあって良かったです。

フランスでは個人主義なのでいちいち人の家庭のことまで入ってきたりしないのはとても気が楽です。それが普通だと思うんですけどね。

| chavi | 2008/05/19 09:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chavi.blog106.fc2.com/tb.php/241-6ecd5c22

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。