南仏ソレイユのちいさな暮らし

ゆるり手作りと南仏生活奮闘記(*≧m≦*)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫EDIT

南仏残念話

先日テレビで言ってた話をちょこっと・・。
毎年、世界中から年中絶えず観光客の多い南仏ですが、特にこの季節、春から秋にかけてここ私の住んでる町でも、通りで会う人半数以上が観光客と言っても間違いないと思います。

そんな観光客が南仏に訪れてがっかりするというニュース。
南仏コートダジュールのイメージ、美しい景色、海、高級感、豪華、リラグゼーション・・・、そんな誰もが思い浮かべるイメージなのではと思います。

そして、それに憧れて訪れる観光客をがっかりさせているということです。

以前から私がブログなどでずっと言ってることと同じこと、観光客の皆さんも感じていると言う事、それとその事実がニュースになるほど多くあると言う事ですね。

素敵なイメージに憧れて訪れて来ても、どこもかも機材などが故障などで使えなかったりするようです。確かに故障しても迅速に対応しない風習があるのによく気づきます。だからこれは到る所でありえるだろうと思います。

先日も銀行に行きましたが、銀行のシャッター(外ではなく建物内にあるカウンターの前にあるシャッター)が壊れてるのでこちらからお入りください。という張り紙があったし、これは今日壊れたのではなく先日より壊れています。

早く直せ。と思います。これは修理屋が来ないのだろうと思いますが、そういう対応の悪さからも、銀行の信頼などにもつながってくると私は思ってしまいます。でもそういうのを気にしないのがここの風習だろうと思います。

そういうことがあらゆる所に見られるのでしょう。だから訪れた観光客ががっかりして帰っていくことも十分ありえる話だと思いました。

ここに住んでいる日本人の私から見て、訪れる方の期待を裏切らないサービスや対応をきちんとすべきだと思います。多分、働く人がかなり変わらない限り、このまま怠惰な風習は続くのではないかな・・。そのうち誰も来なくなりますよ。

近年、誰もが色々な面でクオリティを求めるようになってきている時代なのに対し、ここの素晴らしい景色と気候という自然や昔からの財宝に頼るだけで、現在のような対応では段々遅れをとっていくのではないかな・・、昔のように世界中から旅行者が訪れることが段々となくなっていくのではと思う、と旦那に話すと、そんなことはない。と言う。

私は、今にタダの馬鹿の集まるところになってしまうのではないかと思ったりしてしまいます。

先日の続きであまりいい内容でない記事ですみません・・P P

| Les jours : 日々のくらし | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chavi.blog106.fc2.com/tb.php/35-1ae7707d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。