南仏ソレイユのちいさな暮らし

ゆるり手作りと南仏生活奮闘記(*≧m≦*)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫EDIT

モロッコ産いちご

さかのぼっての更新です・・・。
スーパーで苺が安かったのですが、結構美味しいそうだったので買ってみました。モロッコ産いちごです。
ケーキにしようと思ったので、失敗してもいいかと思って。

そしたら、思ってたよりもずっと美味しくて、また後日同じイチゴを買ってきました。
ちなみにお値段は、80サンチームくらいだったと思います。200~250グラムくらいのパッケージ。
これでこの味はかなりいけてました。

ひげとショコラさんに美味しいイチゴケーキのレシピを教えてもらわないとね♪
適当に作ったけど、超甘くて私は殆ど食べられませんでした。
レシピどおりにやったのが間違いだった。作りながら、マジでこんなに砂糖入れるの??って感じで。。

いちごケーキ苺ケーキ

↑デコレーションとか超どうでもイイって感じです・・。あんまりやる気ないですな・・。

私が普通お菓子作るとするのなら、砂糖はレシピの半量くらいしか入れないなぁ。と思いながらぼーっと作っていたら
本当にとんでもないくらい甘くなってしまいました。
トラには大丈夫でしたけど。でも甘いとは言っていました。私はもう二度とこんなレシピでは作らん!!

それにスポンジケーキもいまいちの焼き上がりで、出来悪いケーキって感じ。
全然納得いってないです。
材料は良かったのに、腕の問題でした・・・sc04
なのでひげとショコラさんに美味しい苺ケーキの作り方教えてもらわないとダメです。(勝手にダメですとか言ってますけど・・アップロードファイル)

| Gateau : いつものおやつ | 18:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すみませ~ん

催促したみたいで、すみませんでした。
それで、お礼といっては何ですが、ビゴの店の時に作った、お菓子教室用のテキストを、少し手直ししてみました。

    <Fraisier chantilly>
       フレジェ・シャンティー 


         <Génoise>
          ジェノワーズ

Oeufs  全卵          110g
Sucre  グラニュー糖 75g
Farine  薄力粉         69g
Beurre  バター          31g
Lait    牛乳            25g

      <作り方>

① ボウルに卵とグラニュー糖を入れ、ホイッパーで良く混ぜながら湯せんで人肌に温める。
②、①が白くなるまで良くホイップし、生地をたらすとスジが残る位まで十分ホイップする。(ハンドミキサーを使用する場合、最初高速でホイップし、ある程度ホイップ出来た所で中速に変え、十分にホイップする。中速でホイップする事で、泡のキメが細かくなり、生地が死に難くなり、キメ細かいジェノワーズに仕上がります。)
③、②にふるった薄力粉を入れ、ゴムベラで混ぜる。(よく軽く混  ぜるとありますが、混ぜ方が足りないと、スライスした時にボ  ロボロと崩れる食感の悪い出来上がりになります。粉が混ざ  り切った所からもう少し混ぜて、少しグルテンが出たほうが、  より滑らかなジェノワーズに仕上がります。ただし、混ぜ過ぎ  も良くないので、トライ&エラーしてください。)
④、人肌に温めた牛乳と溶かしバターの中に③を少量入れ、良  く合わせる。
⑤、③に④を入れ合わせる。
⑥、紙を敷いた型(直径12~15cm)に⑤を流し、180℃のオ  ーブンで25~30分焼く。(表面を軽く押さえて、指の跡が   戻ってくれば、焼き上がり。オーブンから出した直後に、型に  入れたまま、20~25cmの高さから、テーブルにトンと落と  しましょう。こうする事で、ジェノワーズの中の熱い空気が、  冷たい空気と入れ替わり、萎み難くなります。その後、直ぐに  型から外し冷まします。)
  
     <Crème chantilly>
       クレ-ム・シャンティー
                

Crème  生クリーム          300g
Sucre  グラニュー糖          21g
Vanille  バニラ              少々

      <Sirop>
       シロップ

Eau       水              200g
Sucre   グラニュー糖         80g       Cointereau コアントロー          適量

      <作り方>

① 水にグラニュー糖を入れ、沸騰させる。
② ①が冷えたら、コアントローを合わせる。(無ければ、お好    みのリキュールをどうぞ)
           
      <Composition>
          組み立て
                                    ①、1.5cmにジェノワーズをスライスする。(3枚)
②、①にシロップを打つ。
③、②にクレーム・シャンティーを平らにならす。
④、③にスライスした苺をならべ、クレームシャンティーを上に    ならす。
⑤、④の上にジェノワーズをのせ、②~⑤を繰り返す。
⑥、クレームシャンティーでデコレーションし、苺を飾る。
      (シロップの量は、お好みで加減してください。)

    
    <Fraise diable>
            フレーズ・ディエブル


Fraise          苺          適量
Créme chantilly  クレームシャンティー  適量
Grand marnier   グランマルニエ    適量
Poivre          黒こしょう       適量
Menthe          ミント         適量

        <Composition>
            組み立て

①、ヘタをとった苺(大きさにより、ホールでも半割りに)をきに   入れ、黒こしょうを挽き、ふりかける。(ここで、ためらわず、  しっかりと挽きましょう。)
②、①にグランマルニエをふりかけマリネする。(グランマルニエ  も、しっかり振り掛けた方が僕は好きですが、お酒に弱い人   は、一度グランマルニエをフランベするかして、アルコール   を飛ばすと良いかもしれません。)  
③、②の上にホイップしたシャンティーを盛り、グランマルニエを  ふりかける。
④、苺とミント(あれば、オレンジ等も)を飾りつける。


後、デコレーションのアドバイスとして・・・
1)、苺のヘタが、キレイな緑色なら、ヘタ付きのまま飾ったり、ミントやセルフィーユの緑を一緒    に飾ると、苺の赤、生クリームの白が、より引き立ちます。
2)、苺を半割にした時、切り口がきれいな赤色なら、切り口を上にした物も交えて飾ると、より
   華やかになります。
3)、苺を斜めに立てたり、立体的に盛り付けると、より華やかになります。

以上、長くなっちゃいました。
写真も貼り付けるか、メールで送ろうかとも思ったんですが、上手く出来ませんでした。
もし良ければ、やり方を教えてください。ペコリ

| ひげとショコラ | 2009/03/20 06:19 | URL | ≫ EDIT

ひげとショコラさんへ

こんなにたくさん!!!
手間隙かけていただいて、本当にありがとうございます。
こんなコメント部分では、申し訳がたちませんので、
是非是非、記事にアップしておきたいと思います。

写真の方も送っていただけるのでしたら、写真も一緒にアップさせてもらいます。
写真素材の著作権名とかあればそれも書いておいてくださいね。

おお!しかし、流石ですねーー。
なんか違う感じがしますね・・。(単純・・)
たまご・・2個とかそういう表記じゃないですもんね。

写真がみたいです!!!

| ちぁび | 2009/03/20 09:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chavi.blog106.fc2.com/tb.php/439-aa524ff7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。