南仏ソレイユのちいさな暮らし

ゆるり手作りと南仏生活奮闘記(*≧m≦*)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫EDIT

日常のほんの一瞬のきもち

先日の花(capucine)、咲いてくれて本当にとてもうれしかったです。
しかし、風に弱ようで、先日夜中に風がひどかった日、朝起きから一本根元からポキンと折れてしまいました。
一番強そうな苗でした。でもたくさん他の苗もあるのだけれど・・。

ママンが来ている時だったので、(昨日無事戻りました。)折れた苗を見て私はちょっぴりショックだったので、そのことを話すと、「大した事ないわよ。それくらいのこと。」って、何度も言われて、なんか一瞬「むっ」と思ったけど、大したした事ではないのも分かってるし、実際別にすごくショック!な程でもなかったけれけど、私は種から育てて毎日何度も花の調子を見て、肥料水あげたり、結構私にしては頑張って育ててたのよねぇ・・@困る

折れた苗は、二つ目の花が咲きそうなつぼみがあった苗だったので、朝起きてそれを見たら、「あぁ~・・。」って思いました。ママンが帰る前に、もうひとつ花が咲いたのを見せてあげれるかも知れないな。と心の中で思っていたし、トラも花が咲いたら、結構喜ぶので皆がこういう小さなことで幸せな時間が生まれるなって。

そういう色々な気持ちが、ふっと横切ると、やっぱり「あぁあ。」って思って、capcineが折れた話を自分の気持ち通りに彼女に話したのですが、あっさりと「そんなこと全然大したした事ないわ」と言われたので、「意外とクールやねんな、花育てるの慣れてるからかな。ま、ええわ。」って思って、それはそれで良かったんだけど・・。

その後帰って来たトラに、その話をして、「そんなことどうってことないわよ!」みたいな事を言って笑っていました。
「大げさな子」とでも言いたかったのかな。と感じたので、ちょっとだけムカっと感じました。
でも彼は、私が大切に世話をして可愛がってるのを知ってるからか、その事をどうってことないとは言いませんでした。

それよりも彼は「え。折れたの??」って私に聞いてきて、どの苗か見に行っていました。
トラは私の気持ちを理解してくれてる。って思ったからすごく嬉しかった!
もしかしたら、そんなあほっぽい話につきあってられんわ。僕は疲れてる。って思ってただけかもしれないけれど、花が折れたことに関して全然どうってことないとは思ってないのではと感じました。

そういう些細なことが私の幸せだなぁと感じました。
同じきもちで生活できること。それは私にとってとても大切なことです。
トラのきもちを理解する時間を5分増やそう。(5分だけかい!って(爆)、でも結構5分って大きくないですか?笑)

しかし、少しポジティブに考えてみると、ママンがここに来ていたからこそ
私がトラと同じきもちで生活していることに、一瞬の出来事の気持ちを通して気づいたのかも知れないです。


ママンを夕方、施設に送っていきました。
本当の彼女は、こんなんじゃないみたいだけど、もう20年くらい前から、心の病のようです。
全てに恐れていて、私には理解できないことばっかりです。
恐れだすと、体中が震えてるし、一人でただ立っていることすら無理で泣き叫びます。

普通の感情の人間からは有り得ないことで恐れているので、急に異常に怖がったりすると、何に恐れてるのか、本当に恐れているのか?どれくらい恐れているのか?さっぱり検討もつきません。
でとりあえず原因を知ると、マジで???ってなるようなことです。

全てが大げさになっていて、予想がつかないので、本人も疲れるだろうけど、いちいち周りの者まで振り回されて疲れます。
原因は色々あるみたいですが、老いというものには勝てません。
ふと、自分がすごく迷惑をかけていると思う時があるみたいで、そしたら自分がとても悪いと思うみたいで昨日も泣いていました。

これを可愛そうと思うか、どうとるか・・・。

現実は、こうなのだから、可愛そうと思ったところで仕方ない、それを変えることが出来るのなら、協力出来ることならしようと思うけれど、本人にその力がないので無理なのです。時が遅すぎます。
たらたらとその話を長く話しても、場が悪くなって、幸せに過ごせる時間をつぶしていくだけに思えて、私には、どうせ、また同じことの繰り返しなら、それよりも今、気持ちよく過ごせる雰囲気にする方が重要だと感じます。

| Les jours : 日々のくらし | 12:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やさしいですね

ちぁびさんのダンナさんのそういう優しい気持ち、嬉しいですよね。

確かにお義母さんのあっさりしたコトバはちょっと残念ですが・・・。

いっしょにいる2人が同じ気持ちでいられるのはすごく大切なコトですしね。

お義母さんのコトは確かに20年くらい前からのことであれば、どうするとかというより、その場を何とか過ごすということになるんでしょうね・・・。
でも、第三者にはわからないことなので軽率なことはいえませんが、ちぁびさんのご苦労もお察しします。

そして、前向きに小さな幸せを見つけて毎日を過ごしているちぁびさんは素敵だと思います^^

| なっち | 2009/06/22 18:46 | URL | ≫ EDIT

なっちさんへ

なっちさん、お気遣いのコメントありがとう。
とてもうれしかったです。

そうなんですよね。結構義母が、あっさりそういうこと言ったので、肩すかしっぽい感じに思えました。カクッ・・。って感じ。笑
いや、別にいいんですけどね。
普段は、結構いろんなことに関して細かいのに、花が折れた時は冷たいのね。って思ったの。
花を育てるのに慣れてるとそうなのかな。

病的な性質は、20年位前から始まったらしいけど、今ほどひどくはなかったらしいです。
私でも、義母のあの今の状態が年々、よりひどくなってるのは分かります。
もっと何とか出来ないの??って私が言ったところで、不可能に近いみたいです。

だから、無理なことに振り回されないで、自分は自分であれるようにすることが私には大事だと思っています。
でないと、周りのものが病気になりますから。

| ちぁび | 2009/06/23 09:13 | URL | ≫ EDIT

そっかー、そんな話があったんですね。。
いろいろコメントしたいことはあるけど。。でもホント、トラさんはそういうときにちぁびさんの気持ちをちゃんと考えててくれててよかった。。嬉しいことですね。

>たらたらとその話を長く話しても、場が悪くなって、幸せに過ごせる時間をつぶしていくだけに思えて、私には、どうせ、また同じことの繰り返しなら、それよりも今、気持ちよく過ごせる雰囲気にする方が重要だと感じます。

本当だね。。ちぁびさんホント強いし偉いよ。。!!
私はやっぱり今でもすぐ小さな事でバッチリイライラしてて、私もなんで流せないんだろうか。。って思うときあるなーー。
分かっててはいても変われない。。でもこうやって誰かが頑張ってるのをみると私もがんばらないと。。って思います。
でも最近はやっぱりカウンセリングのおかげなのかな??イライラしても溜まってる感じがしなくなってきてますよ。。
でも妹がもうすぐ夏休みだからちょっとゲゲ。。。って気分になってます。笑

| しィれん | 2009/06/23 13:40 | URL | ≫ EDIT

しィれんさんへ

今回はね、トラが落ち着くように自分で頑張ってるのがわかったよ。
いつもそうであってくれたら、私が怒ることなんてないと思う。
彼がイライラしなかったら、私にむかつくことも言わないし、すごく穏やかに過ごせます。

しィれんさん、流せないの、難しいよね。わかるよ。
もう、聞かないでいいと思うのよ。
勝手にしゃべらせておいて、悪いけど、動物がほえてると思っておいて調度いいと思うの。
聞いてるようにそこにいたとしても、自分の作りたいパンのこと考え始めたらいいと思う。

じゃないと、いちいち対応してたら、きりがないし、自分の時間が無駄だからね。

夏休みかぁ。。ほんとこっちは長くて最悪だね。
去年だったか、コルシカ行ったね、妹さん。今年も行くのかな?
しィれんさん、頑張って。もうちょっとで日本だしね!

| ちぁび | 2009/06/23 21:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chavi.blog106.fc2.com/tb.php/507-fec2fa29

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。