南仏ソレイユのちいさな暮らし

ゆるり手作りと南仏生活奮闘記(*≧m≦*)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫EDIT

アパート引渡し終了

月に一度の粗大ごみの収集車が来る日が、昨日から今日にかけての夜だったので昨日は学校から帰ってきてまたトラの両親の家に片付けや整理に行き、粗大ごみを一気に出しました。
フランスではまだ粗大ごみを出すのにお金がかからないのが救いです。


全てがそうではないと思うのですが、多くはルーマニアから粗大ごみをあさりにきます。
さっき出した家具がもうなくなっている、ここにあったごみも無くなってる。てことが当たり前。
ゴミ収集車の労働者は仕事が減ると思いますが。


日本に居た時は思いもしなかったけど、フランスに来てからは、私自身はルーマニアに対してあまり良い印象がないと言うのが本音です。


その話はさておき。
やっとのことでアパートと車庫と倉庫を片付けることが出来ました。
私とトラ二人だけで、あんなにも大荷物を本当よくやったよ。と誉めてやりたいです。


一日、一時間、一分たりとも手伝いに来てくれなかった、姉家族。
最後まで私たちに対して一言もなかったこと。一生忘れることはないでしょう。
これはもう、「私たちは家族でない」と言う彼らからの明確なメッセージでしかない。
ここで言っておこうと思います。
私はこの先、もうノエル(クリスマス)であっても彼女を見たくありません。
これまでの人生、二度と見たくないと思った人に出会ったのは初めてです。


私達はどれだけの数えられないくらいの時間トラの両親のアパートの整理に費やしたことか。
一方、何を考えてるのか知らないけれど、今回もまた、「サインをしなかったら面倒を一切見ない」(どうせ面倒なんか見てないくせにと思うんだけど)脅し、強引にママンにサインをさせ、銀行口座は全て自分達のものにさっさと変えたことを2・3日前に聞きました。


そんな姉と家族にどう付き合えばいいんですか?
どんな顔をして彼らは私に会うことが出来るんでしょう。
どんな言葉を交わして来るんでしょう・・・。見物という思いもありますが。
日本は冷たい振る舞いだとトラによく言われるけど、どっちが冷たい?
家族は芯であると思う。見た目では全くない。


ここからは長いです・・・
続きを読みたい方はどうぞ。笑





時々思うのが、彼は見た目を私以上に気を使うところがあります。
これはフランス人だから?美しくなくてはいけないみたいな・・・


例えば。昨日の話。
今家の中はごったがえってます・・。これでも私が少しずつ片付けてなければ、歩くスペースなどないに違いない程です。両親の家から色々持って帰ってくるのは仕方ないのですが持って帰ってきてそのまま。少しでも片付けていたのですが、それ以上に持ち帰る量が多いのです。そんな中で生活していて、今日、オーナーが倉庫を分けてくれると言うのでこれからここに来ると言うのです。
玄関は土足なので結構汚れていました。そんなこと前から分かってます。最低普通に玄関に歩くスペースが出来るまで今は仕方ないこと。そう思っていました。
綺麗に越したことないけど、今は誰が見てもごみ屋敷でしかないと思う私にとって今、床を吹いたところでどうなん?と思うのです。
オーナーが来るから拭いて。と言うのです。
オーナーだって玄関のドアを開けたところで凄まじいことになってることに気づく筈なので、私にとってはかなりどうでもいいことでした。
玄関を開けた瞬間、荷物に圧倒されて床が汚いことなど気づきもしないほど。
私はこんな時に、別に気を遣う必要がないと思うだけです。
それに対し、彼はオーナーにかなり気を遣っていることになります。


オーナーは私が日本人で、部屋は全て土禁にしていることや、清潔好きということをよく分かっているし、分かっていれば今日のこの状態が私達にとって苦痛だということも分かる筈。
だからどうでもいいと思ったのですが、トラがやたらに綺麗にしてと言うので拭きましたけど。


それなら普段から綺麗に掃除してくれればいいのに。と思います。
彼は見た目に美しいことを好みます。例えば、シンプルな家具とゴージャスな家具があればゴージャス系。
私はシンプル系です。シンプルな方が最終的に他の家具と適応しやすいので綺麗に見えるのと、掃除が簡単だからです。
見た目に散らかっていて汚く見える部屋は問題ないです。ホコリやごみで汚れている部屋は落ち着けません。その違いです。
その癖、黴菌をえらく嫌います。掃除用の液などでもそれを使えば綺麗になると信じているように思います。掃除の仕方が重要だと思うのですが、私の掃除の仕方は全然綺麗になってないといいます。
毎回除菌をしてないからです。もともと綺麗にしている床なのでそう毎回除菌しなくても大丈夫だと思うのです。
彼らの場合、土足で家に入り、掃き掃除をしただけで、その上から除菌効果のあるモップをかけますが、掃除婦さんの掃除の仕方を見ていても、これで除菌したと本当に言えるの?と思います。私は日頃から汚さないようにするのが一番綺麗に楽に過ごせると思うのですが。
除菌除菌と言うのならば、除菌効果のあるモップをかけてもその上からまた土足で歩けば、はい元通り!で終わりじゃないかな?


彼に限らないのかも知れませんが石鹸などの使う量が多いと感じます。
石鹸などで洗っても、最後にきっちりと洗い流さないと清潔ではないよ。と口うるさく言っています。
手を洗ってからぬれた手で髪をアレンジしているのはかなり汚いよ。いつもそのまま手を洗わないで出て行くから。そういうことが何故分からないのだろうと思います。
彼はかなり思い込みが激しいので(私もですが)喧嘩になります。
少しずつ教えていかなくてはなりません。


こんな風な対して重大ではないような習慣の違いはどんな家族にもあると思いますが、皆さんはどうですか?

| Les jours : 日々のくらし | 21:42 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
ダンナ様はフランス人だったんですね・・・。
なんか、違うなと思っていたけど、今日ブログを読ませていただいて、昔のアーカイブもたどらせて頂いてなるほどと思いました。
生活習慣や価値観の違いは、同じ日本人でも当然ありますよね。うちは、食べ物の好みも趣味もまったく違います。そのセイでイライラすることも多々あるけど、自分が選んだ相手だし、今はかわいい我が子のパパだから・・・と自分に言い聞かせてます。ブログでは幸せ家族風に書いてるけど、実はいろいろあるんですよ~。なんてね(笑)

異国で頑張ってるchaviさんを心から応援してます。
頑張って!!

| Palmama | 2007/10/07 14:18 | URL | ≫ EDIT

最近見ないと思ったらいろんな事があったんだね。。
家族のイザコザはなかなか修復できないよね。それに家族だから余計にそうなったら悲しい。J五郎ところもあるよ。
姉は許せんな。そういう人はどっかで罰があたると思う。そう思わんとやっていかれへん。。。と思わん?

トラのキレイ好きは前も話をしたよな。
オーナーが来るから~って話だけど、見栄っ張りなところがあるんかな。それほど大きな見栄っ張りじゃないだろうけど、ちょっとした些細な事が気になるんやと思う。
私はO型人間だからテキトーでどうでも良いことが、J五郎には気になる事らしいわ。

| Joe | 2007/10/07 17:25 | URL | ≫ EDIT

e-247Palmamaさんへ
Palmamaさんの旦那様とは食べ物の好みが全く違うとは、それもまたちょっと珍しいですね。
何も問題などない!そんなパートナーと巡り合うことなんて殆どありえないですよね。

どちらも完璧なんて話聞いたことないし、気持ち悪いかもしれませんね。
それぞれ問題が違うのが当たり前だけど、
「色々と違いがあるからこそ、それが凄く重要なのことだよ。」
とフランス人の年配の友達に旦那と一緒にいる時言われて、
「なるほど。」と二人で思いました。笑

何ももないと人間的にも成長していけないだろうしね・・・
と思います。
応援してくれてありがとうございます。
本当色々と頑張らなくてはいけません。


e-247Joeちゃんへ
そうよ。色々あったのよぉー!
今はだいぶ落ち着いたけどね。
ほっとした瞬間だけど。。
あまり気を抜かないでフラ語を頑張らなくてはね・・!

J五郎ってほんと凄く几帳面そうよね。
机の上とかいつも片付いてる人?
トラはいっつもぐちゃぐちゃよ。
何でこれで良いのかさっぱりよ・・・・苦笑

| chavi | 2007/10/10 17:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chavi.blog106.fc2.com/tb.php/87-718a7b13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。